ハーブの種類と特徴

■ハーブについて

ハーブ

皆さんは、ハーブに興味はありますか。ハーブは、ラテン語のHERBA(薬草)という言葉が語源となっています。

何千年もの間、安全かつ効果的に健康の増進と病気の予防のために使用されてきました。

そんなハーブには、どんな種類があり、どんな特徴があるのでしょうか。

ハーブに興味のある方のために、種類と特徴について探っていこうと思います。


■ハーブの種類と特徴

  • ミント

    一言でミントといっても、数百種類ものミントが存在します。その中でも、スペアミント、ペパーミント、アップルミントがよく利用されています。叩いたりこすったりしたミントを熱湯に注いでミントティにしたり、ハーブバスにしてお風呂を楽しむのもいいでしょう。

    多年草で、やや湿り気のある土質を好みます。できるだけ日当たりがいいところで育てたほうがいいですが、日陰でも育てることは可能です。

  • オレガノ

    こちらは、イタリア料理などに良く合うハーブとなっています。よくピザにトッピングされているのを見かけると思います。他にも、サラダやシチュー、肉料理の香味料としても使用されています。

    幸福のシンボルと呼ばれているハーブでもありますので、結婚式のブーケに取り入れたり、リースを作って飾ってみたりというのはいかがでしょうか。

  • カモミール

    カモミールの香りは、リラックスできる香りとして知られており、リンゴのような甘酸っぱい香りがするのが特徴です。寒さに強いハーブで、こぼれた種から発芽し、増加していきます。

    また、カモミールは、他の植物を健やかに保つ力があることから、植物のお医者さんと呼ばれています。特にフランスやドイツで人気のハーブで、健康や美容に様々な効果が期待できるハーブとして重宝されています。


■ハーブセラピストを目指している方に

他にも、たくさんのハーブがありますので、興味のある方はご自分で調べてみるといいでしょう。仕事にしたいほど興味があるという方は、ハーブセラピストを目指してはいかがでしょうか。

スクールに通いたいとお考えの方は、ぜひ当社の養成講座を受講しませんか。
また、ハーブ検定も札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、大阪、広島。福岡、宮崎全国9会場で行っています。
1月、4月、7月、10月第3日曜日午前2級、午後1級の試験を行っています。費用やカリキュラムについて資料請求をご希望でしたら、サイト内のフォームから気軽にお取り寄せることが出来ます。

ハーブセラピスト以外にも、様々な資格をとるための講座をご用意していますので、あなたの目標に合う講座をお選びください。



Google
adstyle タグ

ジェイ・コミュニケーション・アカ
デミー Englishsite
新着情報・お知らせ
JCAの特徴
体験講座
ア
ルファふっとぴあ
ハーブセラピスト検定試験を受ける
マ
マのための住宅派遣サービス
薬を使わない精神科医のメンタルセラピスト養成講座
企業様向け研修企業研修
サービス業向けCS診断
JCAの講師になりたい
カルチャーサロンオーナー募
集
スクールの紹介VTR