ハーブの活用法について


現在、ハーブを知らない方はほとんどいないかと思います。古くはヨーロッパで使われていましたが、少し前から日本でもよく使われるようになりました。

健康維持として、またはヒーリングアイテムとして使われるハーブは様々なものに利用されています。そこでこちらではハーブの活用方法をいくつかご紹介いたします。


■ハーブティー

乾燥させたドライハーブや、摘みたてのフレッシュハーブを使って美味しいハーブティーを楽しんでください。香りもよく、色もキレイで薬理効果があります。眠れない時に飲むハーブ。リラックスしたい時に飲むハーブ。元気になりたい時に飲むハーブ。ハーブティーにはローズヒップやペパーミント、タイムやカモミール、レモングラスなどさまざまなハーブを活用します。


■ポプリ

ハーブは香りを楽しむことにも用いられます。乾燥させた花(芳香のあるもの)やハーブ、スパイスにエッセンシャルオイルを垂らして混ぜて作ります。瓶に入れてお部屋に置いたり、袋に入れてクローゼットに置いておくと、いつもよい香りに包まれます。


■料理

料理の彩りとしてパセリがよく使われています。バジルはパスタソースにも使えますし、ローズマリーやタイムを乾燥させて肉料理に使うと臭み消しになります。サラダバーネットやイタリアンパセリ、ロケットといったハーブは生のまま食べられるため、サラダに使えます。


■ガーデニング

ハーブは丈夫な植物が多く、ミントやカモミール、ルッコラやローズマリー、ラベンダーなど水をあまりあげなくても育つので初心者でも家庭で気軽に育てられます。


■ハーブセラピストのスクールや通信講座なら

当社のハーブセラピスト養成講座ではハーブティーやハーブの栽培、ハーブを使った料理など将来ハーブティーサロンの開業を目指す人達やハーブを生活の役に立てハーブの輪を広げてくださる人達を育成しています。
ハーブを扱う仕事をしたい方は是非ハーブセラピストの資格を取得してください。

当社では年4回ハーブ検定を開催しています。1月、4月、7月、10月第3日曜日午前2級、午後1級の試験を行います。札幌、新潟、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、宮崎全国9カ所でハーブ検定を開催していますので、お近くの会場で受験できます。
またハーブセラピストを育成するためのスクールや通信講座も開講しております。

受講にかかる費用はリーズナブルですので、ハーブを扱う仕事をしたいという方はぜひ当サイトをご利用ください。



Google
adstyle タグ

ジェイ・コミュニケーション・アカ
デミー Englishsite
新着情報・お知らせ
JCAの特徴
体験講座
ア
ルファふっとぴあ
ハーブセラピスト検定試験を受ける
マ
マのための住宅派遣サービス
薬を使わない精神科医のメンタルセラピスト養成講座
企業様向け研修企業研修
サービス業向けCS診断
JCAの講師になりたい
カルチャーサロンオーナー募
集
スクールの紹介VTR